運動を習慣的に行っている人、そうでない人のその差が出るのは筋肉痛ではないでしょうか?
運動をすると汗をかき気持ちいい爽快感もありますが筋肉痛の次の日やその次の日につらい思いをしてしまいますよね。
それでは筋肉痛の原因やメカニズムを理解して筋肉痛を早く治す方法をご紹介したいと思います。

筋肉痛はなぜ起きる?
筋肉痛はからだを動かすことで筋肉組織が損傷して炎症を起こすのと疲労物質の蓄積によって筋肉が硬くなり伸縮性が乏しくなるから起こるのです。

筋肉痛の治し方
①アイシングをする
痛みが激しいときは筋肉の炎症を抑えるためにアイシングが効果的です。アイシングをすることで血流を抑制し炎症を抑え痛みを和らげることができます。
痛みが激しいときはお風呂やサウナは避けた方がいいでしょう。体が温まると血流が良くなりsぎてしまい炎症を促進し痛みが増してしまいます。

②筋肉をやわらかくほぐす
疲労物質が蓄積し筋肉が硬くなってしまい張った感覚になるのでその張りをほぐすことで血流がよくなり痛みが和らぎます。
その才、熱いお湯ではなくぬるいお湯でにつけながらほぐすとより効果的です。

③睡眠をしっかり取る
睡眠は疲労回復に効果的です。それは筋肉も同じことで運動をして筋肉を使った日は8時間程度の睡眠で筋肉痛の治りが早くなりますし疲労も早く回復します。

痛みが治まらいときは無理をせずに病院へいきましょう。肉離れや筋断裂も可能性もありますのであまりにおかしいを感じたときは自己判断するのは危険です。