クレアチンとはアミノ酸の一種で体内で合成されています。また消費されたエネルギーを補い、素早くエネルギー源として復活する効果を期待できるため、高強度なトレーニングの持続にもつながります。今回はクレアチンの効果について詳しく説明していきます。

まずクレアチンには運動パフォーマンスの向上効果があります。クレアチンには筋収縮のエネルギーを供給するため、反復性のある運動に対して特に効果が見られます。またバイクや水泳、陸上などの反復性運動でもパワーが持続し、タイム短縮の研究結果が認められてるのです。

またクレアチン単体では筋肉をつくる事は無理ですが、無酸素運動のエネルギーが効率的に供給されることによって強度の高いトレーニングを期待できます。筋肥大を起こす為には筋トレ、十分な栄養、休息のサイクルが大切です。また筋肉内のクレアチンの量が増えると、それを薄めようとする為、結果として筋肉に含まれる水分量が多くなり、除脂肪体重の増加がみられます。

さらに身体だけでなく、脳や神経でも働きます。クレアチン摂取によってすぐに使えるエネルギーを増やす効果から能や神経細胞へのエネルギー代謝がスムーズになります。それにより、記憶能力の改善・脳の該当エリアへの酸素供給が良くなることで精神疲労への改善にも繋がると期待されます。

最後にクレアチンの吸収率を高める摂取のタイミングですが、おすすめは食後とトレーニング終了時です。プロテインには吸収をよくするために糖質が配合されているものもあるので、一緒にシェイクして飲むのもおすすめです。